< 2017年05月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
オーナーへメッセージ

  

Posted by at

2011年09月30日

Septembar Love~♪

あっという間に9月も終わりです。
今月はひょんなことから、高校時代の部活の友人との集まりがあり、20何年かぶりに会うことが出来ましたface16
久しぶりに会っても学生時代とちっとも変わらず、楽しいときを過ごすことができました~icon97
若返りました~icon22


家に帰ってからもいろいろ思い出すうちに、
あの頃、そういえば“セプテンバー”って題名につくこの曲が好きだったなあ~と思い出しました。
一風堂(いっぷうどう)の『すみれSeptember Love』(昭和57年・1982年)です。

なんだか“ドンドンヒャララ~♪”って感じがする(笑)
この曲の不思議な雰囲気が好きでしたねicon102
その当時かなりヒットしましたねicon64
でも・・・メンバーについてはよく知りませんface11
ボーカルの土屋さんが誰かに似てるとか言われてたような気がしますface15

ではその曲ですicon65
すみれSeptember Love
http://www.youtube.com/watch?v=zkfdxOdFGNI
なぜかロンドンで演奏してますface02







  


Posted by すとん at 23:35音楽(邦楽)

2011年08月28日

今年の夏 気になった歌

この夏はほとんどブログを書いてなかったので
せめて1曲くらい夏の歌の話題を取り上げたいと思いますicon149


今年ミスタードーナツのCMで懐かしい曲の替え歌が流れていました。
見たらしっかり本人出てるしface11
ちょっとビックリでしたicon10

でもこの曲題名が思い出せずface07
“夏”ってついていたかなあ~と思い調べてみると
『ふたりの愛ランド』でしたicon125

JALの1984年のキャンペーンソングだったようで
石川優子とチャゲのデュエットでヒットしました。

歌のサビの部分
“♪ナツナツナツナツ ココナツ アイアイアイアイ アイランド~♪”
ってところが部分がやはり耳に残りますicon64

カラオケでも結構歌ってる人いましたが
男性のキーが高いので歌い難そうでしたicon10

懐かしい映像を見つけたのでicon74
ふたりの愛ランド(1984年・昭和59年)

そういえば昔石川優子と川島なお美とよく間違えてたのを思い出しました。
それにしてもなんかチャゲさんがかわいい・・・face16






  


Posted by すとん at 17:24音楽(邦楽)

2011年06月26日

雨の歌

2、3日暑かったですね~もう真夏のような暑さでしたicon197
慌てて夏仕度ですicon69

でもまだ雨は降りそうですねicon03
昨日も夕方土砂降りでしたface07
あちこちで豪雨の被害もでてるし、
降ってもいいから豪雨はやめてほしいと天に祈る気持ちです。


この時期ラジオからは雨の歌がよく流れますね。
思い出せる雨の曲ってどんなのがあったろう~と思い出して見ました。

今回は日本の歌で。。。

童謡から
「あめ、あめ、ふれ、ふれ母さんが~」あめふりという曲だそうです。
題名知らなかったface14icon10
さすがに蛇の目でお迎えはないですよね。今なら車でお迎えうれしいなかな?

寂しいほうは
「雨が降ります、雨が降る、遊びにゆきたし、傘はなし」
この曲はなんだか切ないですface13
両方とも北原白秋作詞でした。



歌謡曲では

長崎は今日も雨だった(内山田ひろしとクールファイブ・1969年・昭和44年)
 これはたぶんリアルタイムでは記憶はないと思いますねface11
雨の御堂筋、雨のエアポート(欧陽菲菲、共に1971年・昭和46年)
 ちょっとこの2曲はゴッチャになって覚えてます。

(三善英史・1972年・昭和47年)
 出だしの“雨に濡れながら~♪”の音の上がり下がりが印象的な歌でした。
京のにわか雨(小柳ルミ子1972年・昭和47年)
 雨だれがひとつぶ頬に~♪っていうのです。
オレンジの雨、雨に消えた恋(野口五郎・1972年・昭和47年)
 新御三家のゴローですね♪
1972年のこの頃のは1番はほぼ歌えます!

冷たい雨(ハイファイセット・1976年・昭和51年)
雨の物語(イルカ・1977年・昭和52年)
雨やどり(さだまさし・1977年・昭和52年)
みずいろの雨(八神純子・1978年・昭和53年)
 このころからニューミュージックといいはじめたでしょうか?

雨の慕情(八代亜紀・1980年・昭和55年) 
 この曲がヒットした年は大雨でしたね~icon10
氷雨(日野美佳・1982年・昭和57年)
 オリジナルは佳山明生・1977年だそうです。でも、これは冬のイメージかな?

雨音はショパンの調べ(小林麻美・1984年・昭和59年)
 ガゼボの曲“I Like Chopin(1983年)”のカバーですね。
はじまりはいつも雨(チャゲアスのASUKAソロ・1991年・平成3年)
 このあたりまでで記憶が途切れてます・・・face11


まだまだありそうですが

印象深い曲としては
みずいろの雨」でしょうかねicon03
八神純子のヒット曲ですね。
ピアノを弾きながらのあの高い声はかなり印象的でしたね。

コンサートに行く予定だったのが中止になり、
生であの声聞いてみたかったのでちょっと残念でした。
このことも印象に残っている要因かな?

こちらが当時の映像です。(消されちゃうかもしれないようですが・・・)
http://www.youtube.com/watch?v=sMncYVOA2OU&feature=related
じっくり見ると、こんなお顔だったんですね~忘れていた・・・












昭和の食器のお店です。
よかったら覗いてください!



  


Posted by すとん at 17:51音楽(邦楽)

2011年02月06日

懐かしかった曲“夢一夜”♪

久々に音楽の話題を・・・icon64

昨日ミニコンサートを聴く機会がありましたface16
オカリナとギターでの演奏でした。
キレイな音色ですごくよかったですicon97



その中で「夢一夜」(昭和53年)が演奏されました。
久々に聴いたんですが、懐かしかったですね。
メロディがキレイですよね。



これは南こうせつさんの作詞作曲だとばかり思っていたのですが、
作詞は阿木燿子さんでしたicon67

どうりで!すごく複雑な女心ですもんね。。。



これは当時CMで使われていてましたね。
この曲を聴くと小林麻美さんの顔が浮かんできます。
この頃からでしょうか?CMでヒット曲がたくさん出だしたのはicon64

ついでに懐かしいCMもicon74
http://www.youtube.com/watch?v=-VWXAjr7wB4













昭和の食器のお店です。
よかったら覗いてください!



  


Posted by すとん at 23:13音楽(邦楽)

2010年11月21日

みんなのうた~トレロカモミロ

今日はとってもよいお天気になりましたicon01
日中は上着を着なくてもいいくらい暖かかったですicon10

真っ青な空と紫川の水と紅葉に囲まれた小倉城がキレイでしたicon12





ところでこんな話題を見つけましたicon74
NHK「みんなのうた」元日特別番組放送(サンケイスポーツ記事より)

来年で50年ですか~face08
まあ子供の頃から見ていた記憶があるのでそれぐらいの月日はたつのでしょうね~
何曲か大ヒット曲もでてますねicon97

私たちの小さい頃は完全に子供向けだったような気がするのですが
最近のは映像も含めて、ちょっと子供には難しい気がする曲もありますね~face06
子供向けばかりじゃないってことでしょうか?



一番印象深いのは
トレロカモミロ(1970年から放送)
これ好きでしたね~icon65
アニメーションも好きでした。
この方は ねぼすけ なのに 男の中の男 なんですface02
すごいですよねicon194



今回ちょっと調べたらこの曲は日本の曲じゃなかったですface08
イタリアの子供向け音楽祭の1968年の優勝曲ってありましたicon74
http://www.worldfolksong.com/songbook/others/torero.htm
スペインでもなかったんですねicon59
40年目で知った新たな事実ですface14icon10

youtubeにありましたicon74
http://www.youtube.com/watch?v=7A-LUmcOimc
やっぱり楽しいですよね!この歌icon112










昭和の食器のお店です。
よかったら覗いてください!




  


Posted by すとん at 22:18音楽(邦楽)

2010年10月18日

コスモス街道♪

やっとお天気も安定してきたようです。

今日の夕焼けicon73
秋らしい風景です。

秋の花コスモスの話題もたくさん出てますねicon112

コスモスというと山口百恵の「秋桜」が有名ですが
もう一曲記憶にしっかり残ってる歌がありますicon22


それが狩人の「コスモス街道」(昭和52年)ですicon58

コスモス街道・・・コスモスの咲く秋の軽井沢で、別れた恋人との日々をしのぶヒロインの思いを歌った曲。兄弟デュオ・狩人のデビュー曲「あずさ2号」に続く2曲目。しっとりとした曲調の導入部と、激しく迫る曲調のサビの部分という構成は「あずさ2号」に通じるところがある。(ウィキペディアより)

「あずさ2号」に続く旅情シリーズ(?)第2弾の曲ですねicon122
狩人のお二人のハーモニーは好きでしたface01
弟さんののびる声とお兄さんの落ち着いた声のバランスはとてもよかったですねicon105
それに二人とも声に表情がありますよねface06

ただこの曲の中でちょっと疑問だったのは
右は越後へいく北の道、左は木曽まで行く中山道」の部分をすごく力強く歌う所ですicon197
あんなに力を入れんでもいいんではないか??と子供心に思っていたのですが
今改めて聞き返してみると
強い思いの表れか!?と思いますが・・・・どうでしょうかicon66


狩人の「あずさ2号」聴いて 乗ってみたいなあ~face16と思い
この曲聴いてどこだかよくわからないけど「コスモス街道」行ってみたいなあ~face16
と思った私ですicon146

キレイな映像と説明文の入った「コスモス街道」の曲ですicon74
http://www.youtube.com/watch?v=dZP7sdsRpJ0&feature=related









昭和の食器のお店です。
よかったら覗いてください!

  


Posted by すとん at 22:59音楽(邦楽)

2010年10月11日

久々に聴いたなつかしい歌

今日友達の車に乗ってお昼食べに行きましたicon137

そのとき車でかかっていたのが
“フォークなんとかかんとか・・・face11”っていうCDだったんですが
この中で久々に聴いて懐かしいなあ~と思ったのが
ほおづえをつく女”(1976年)ですicon74
http://www.youtube.com/watch?v=7HAiIAY_XVI

だれが歌ってるのか完全に忘れてましたが
「22歳の別れ」で有名な“”だったんですね~face06


そんな曲を聴きながら
今の曲はリズムが早くて、言葉も多すぎて、
歌われてる場面のイメージが想像しにくいし覚えにくいねえ・・・face13
と友達と話しました。

やっぱり今の時代の曲より、青春時代に聴いていた曲のほうが心地よいんですねface16

今のものについていけないってことは
つまりそれだけ年取ったってことでしょうね・・・・face14icon10










昭和の食器のお店です。
よかったら覗いてください!

  


Posted by すとん at 23:29音楽(邦楽)

2010年07月31日

懐かしい夏の歌~夏女ソニア♪

早いもので今日で7月も終わりですface08

梅雨が明けて暑い日が続きちょっとぐったり状態ですface07
7月最終日は好きな夏の歌でも聴いて元気を出しましょう~icon09

夏の歌は結構いろいろありますが
今回選曲したのは
大橋純子withもんたよしのり 「夏女ソニアicon149

この曲は1983年(昭和58年)のコーセー化粧品の夏のキャンペーンCFソングですが
のびやかな声の大橋純子さんと
ハスキーな声のもんたよしのりさんと
全く声質の違う二人のデュエットがとっても素敵な曲ですicon64

実は若い頃カラオケで、なぜか「もんた」役で歌ってましたface03
もう声出ないだろうな~face13

では懐かしい一曲ですface10
http://www.youtube.com/watch?v=QcABvj01n2U





よかったら覗いてください!
  


Posted by すとん at 23:28音楽(邦楽)

2010年07月18日

金曜日に見た昭和のアイドルたち

やっと梅雨明けですicon01
と思ったら暑いface13
今度は暑さとの戦いですねicon10

さて金曜日のお昼のNHKの番組でなつかしい顔ぶれを見ましたicon114
真木ひでとあいざき進也、元フィンガー5のアキラ(今はT.AKIRA)のお3人です。
最近 懐かしのなんとか・・・なんて番組で何度か見たことはありますが
久しぶりに長く歌ってる姿を見ましたicon26

真木ひでとさんはグループサウンズ オックスのメンバーだったんですが
その時代はあまり覚えてません。
記憶にあるのは演歌歌手としてのソロの時ですねface06
今回調べて解ったのですが、なんと田川生まれだそうですface08
知らなかったicon59
もうすぐ還暦といってたので今59歳ですねicon111


あいざき進也さんは甘い声とかわいい顔で女性に人気がありましたねicon112
そういえば“花のような君が好き~♪”という歌の明治のチョコレートの宣伝に出てましたねicon53
1956年生まれの54歳ですが、今もかわいらしさは残ってましたface02
声も当時とあまり変わらずちょっとびっくりしましたicon77


フィンガー5は一世を風靡した兄弟グループですねicon97
AKIRAさんはまだ小さいながらもメイン・ボーカルでした。
大きいサングラスがトレードマークでしたね。
デビュー当時11歳だったと言ってましたicon122
ジャクソン5を意識した感じで、
まだ小さいながらも本家のボーカルだったマイケル・ジャクソンとイメージが重なります。
1961年生まれの今50歳で、
さすがにハイトーンボイスはもう難しいようですが
すごく若々しかったですface08
妹の妙子さんもデビュー当時10歳だったんですねface06
小さい頃にあれだけ働くってどうなんだろ~と今になって思いますねface14
とにかくすごい人気でしたもんねicon64

フィンガー5の歌はその後もたくさんカバーされてるので
若い世代にもけっこう知られてると思いますicon65

とにかくみんな楽しそうにやってたのが印象に残りましたface02
そして多分昔からのファンであろう人たちの
キャーという黄色い(もう死語かなface11?)声援icon102もすごかったですface15
ファンはありがたいですよねface02

ではこの中から個人的に一番なじみの深い
フィンガー5の曲ですicon65











よかったら覗いてください!
  


Posted by すとん at 00:54音楽(邦楽)

2010年05月23日

勝手にベスト3~ハスキーボイスJAPAN(女性)編

では一気に行きますicon16

今回はちょっとたくさん思いついたので演歌J-POPで分けますicon22
フォーク・ニューミュージック系はすみません。あまり詳しくないので入れてませんface13
ふじぶーさんに聞いてくださいicon10

【演歌部門】
これは誰が1位でもいいんですが・・・・(^^;
1.八代亜紀
九州・熊本出身。最近は画家としても有名になりましたね~icon62
1971年(昭和46年)にデビューしたそうですが
なんといっても「舟歌」(1979年・昭和55年)のイメージが強いですicon19
ハスキーな歌声で独特の世界が広がりますicon122
「雨の慕情」(1980年・昭和56年)がヒットした年の梅雨は大雨だったのを思い出しますicon03

2.青江三奈
残念ながら若くして亡くなってしまいましたが
彼女ハスキーボイスはすごく色気がありましたicon54
代表曲はあの「伊勢佐木町ブルース」(1968年・昭和43年)
子供心に大人になったらこんな風に色っぽくなるのか~と勘違いしてましたface03
(全然ダメでしたface07
この曲を歌ってたのが27歳ぐらいface06
今の27歳にこんな雰囲気の人いるかな~icon66

3.藤圭子
今は宇多田ヒカルの母親としての方が有名かもしれませんねicon194
彼女もドスのきいた低音ハスキーボイスですねicon26
美人ですが陰のある印象で、歌もそんな感じのが多かったですよねface06
代表曲は「圭子の夢は夜ひらく」(1970年・昭和45年)






【J-POP部門】
1.葛城ユキ
「ボヘミアン」(1983年・昭和58年)の大ヒットで一躍有名になりました
「ヒーロー」のカバーも歌ってましたねicon64
ガサガサしたハスキーボイスはすごくワイルドな感じicon09

2.杏子
バービーボーイズの時に書きましたが
彼女のハスキーボイス好きですicon102

3.中村あゆみ
「翼の折れたエンジェル」(1985年・昭和60年)ではのハスキーボイスはまだ少女のような感じがありましたねface06
また最近活動してるのかなicon79



icon123番外編
桂 銀淑
彼女のハスキーもかなりのものです。
音を伸ばした時に途切れる感じになるのが彼女の特徴でしょうかicon79
一時よく物まねされてましたねface11
いろいろあったので今はどうしているんでしょうか?
代表曲は「すずめの涙」(1987年・昭和62年)

ケイコ・リー
すっごく独特の低音ハスキーボイスです
QUEENのカバー曲も歌ってますicon97
いつかまた詳しく書きたいですicon63


こうしてみるとハスキーボイスもいろいろありますね~face08


誰をピックアップしようか迷いましたが
もんた&ブラザーズ「ダンシング・オールナイト」に対抗するならこの人かな?

葛城ユキの「ボヘミアン」icon64

  続きを読む


Posted by すとん at 23:38音楽(邦楽)

2010年05月22日

勝手にベスト3~ハスキーボイスJAPAN編

週末のお楽しみicon77(っていうのはウソですが)
またやりたいと思いますface03

では男性からicon177

1.もんたよしのり

(※若い頃のイメージです)
ハスキーといえば私の中では真っ先にこの方が浮かびますicon97
代表曲は大ヒットした『ダンシング・オールナイト』(1980年・昭和55年)ですねicon64
この曲はもんたさんの声でないとビシッと決まりませんicon112
サビの前の「チャララチャララ~♪」で後ずさるのをみんなで真似したものですface15
この曲のその部分を聴くと思わず後ずさりしちゃいますface11


2.森進一
演歌でハスキーボイスといえばこの方icon26
もう誰が聴いても彼とわかるその歌声ですicon111
この声を最初に発掘した方はすごいですよね~face08
やっぱり歌手っていうのは、うまいだけではダメで個性ある声が求められてるんでしょうねicon114


3.西城秀樹
最後の一人はこの方にしましたicon22
我々歌謡曲全盛世代ではハスキーボイスのアイドルといえばこの「ヒデキ~」でしょうface02
あの声とアクションで一世を風靡しましたねicon97
特にファンと言うわけではないんですが
今改めて聴くと今のアイドルにはない風格を感じますねicon77




これは私の勝手な印象なのでface06
もちろん異論もおありでしょうが
大目に見てくださいねicon10

ではこの中から見事1位に輝いた
もんた&ブラ-ザーズの「ダンシング・オールナイト」です

これはろうそく(あっ、キャンドルface11)があるせいか
あんまり動きがないですね~(><)残念!
若いころってなんとなく桃井かおりさんに似てるって思うのは私だけicon60








よかったら覗いてください!
  


Posted by すとん at 22:53音楽(邦楽)

2010年04月17日

関東ではなごり雪!?

今日はとってもいいお天気でした~icon01
久しぶりに暖かさを感じた気がしますicon112

しか~し関東では雪が降ったそうですね~face08
関東地方などで降雪 東京では41年ぶりに最も遅い降雪日の記録に並ぶ(フジテレビニュースより)

もう4月も中旬なんですが今年の気候はちょっとおかしいようですface07
ここ何年も毎年おかしいといってますねface11
昔とはずいぶん気候が変わってきたってことでしょうかicon79


こんな時期はずれの雪の話題を聞くと必ず思い出すのが
イルカ「なごり雪」(1975年・昭和50年)ですねicon64
これも大ヒットした曲ですicon97
これは多分3月終わり頃をイメージした曲だと思いますが、
もうこの時期の定番ソングみたいになってますねicon04

やさしい雰囲気のメロディと目に浮かぶ情景がこの歌の魅力でしょうか?
イルカさんの声質もこの歌にはぴったりだと思いますicon22

ではその歌をicon74
最初の「汽車を・・・」という言葉が時代を感じさせますface15
http://www.youtube.com/watch?v=w2SiPR3vack
やっぱりちょっと季節はずれの感じですface14icon59



よかったら覗いてください!

  


Posted by すとん at 22:44音楽(邦楽)

2010年04月11日

まだまだ咲いてる?~チューリップ♪

この辺のもすっかり散ってしまいましたface13icon113
季節はまだなんですけど、なんだかがほとんど終わった~って感じですicon10


ということで模様替えしましたicon01

桜以外に春の花といえばチューリップですねicon114
・・・と思ったら直方市のチューリップフェアも
ハウステンボス
のチューリップ祭りも今日まででした~face07
ちょっと遅かったicon15
でもまあ近所にはまだ咲いてるのでもうしばらくいいですかね~face11



チューリップといえば思い出すのは、福岡出身バンドのチューリップですねicon74
1970年結成、1989年一時解散。1997年に再結成。
ロックでもフォークでもない新しい音楽分野「ニューミュージック(Jポップスの草分け)」を開拓したバンドのひとつ。
ビートルズに影響を受け、リーダー財津和夫は和製ポール・マッカートニーを自認、メロディアスでポップな作品を多数、世に出した。また、メンバー全員が作詞・作曲・ボーカルを担当していることも特徴で、この方針は伝統的に続けている。(ウィキペディアより)




最近はたま~にテレビにも出演してるようですがicon26
やはり時代は流れたなあ~という感じですface06

彼らの有名な曲の中で印象に残ってるのは
大ヒットした「心の旅
なんだか題名も歌詞も不思議なイメージの「虹とスニーカーの頃
聴くとなんとなくキュンとする「青春の影
などなどありますが
一番思い出深いのは「ブルースカイ(1977年・昭和52年)」でしょうかicon112

ラジオをよく聴くようになった時にしょちゅう流れていた曲ですicon13
内容は別れの歌ですが、そのわりには明るい曲調でicon64
聴くとさわやかな真っ青な空が浮かんできますicon20


ではその曲をicon74
http://www.youtube.com/watch?v=WQvdpghXCLA





よかったら覗いてください!
  


Posted by すとん at 23:22音楽(邦楽)

2010年03月30日

厚生年金会館の話題で・・・季節の中で♪

昨日の記事のアランカハズバンドさんのコメントで
小倉の厚生年金会館のことが書いてありましたicon114
昔そこでKISSのコンサートがあったそうですface08
’90年代だそうですが、全然知りませんでしたicon10
ちょっとびっくりですicon59



そうしたら今日のテレビで
東京厚生年金会館が今月で閉館で
最後のコンサートがあったという話題があってましたicon112
なんという偶然face08icon59



厚生年金会館は何年か前にいろいろ問題になりましたねicon15
今は施設保有権が厚生労働省(社会保険庁)から
独立行政法人年金・健康保険福祉施設整理機構に施設保有権が委譲され、
最終的に2010年(平成22年)9月末までに全施設の廃止・民間への売却が予定されているそうです。(ウィキペディアより)


そして、そのコンサートをした人物とは松山千春さんでしたicon111
Yahooニュースより
彼も、この会場への思い入れは深かったようですface06



松山千春さんといえば、私のなかでは
季節の中で』が一番印象深いですicon97
これ大ヒットしましたね~icon114

学生時代にクラス別の合唱コンクールみたいなのがあって、
みんなで練習して歌った覚えがありますicon26
懐かしいですね~face02


久々に聴きたくなりましたicon65

『季節の中で』(1978年・昭和53年)


KISSの話題はまたいつか・・・face15  


Posted by すとん at 23:22音楽(邦楽)

2010年03月21日

懐かしい友達と~卒業写真♪

今日は学生時代の友達と会いましたicon01
久しぶりに会うとまるで当時に戻ったように昔話に花が咲きますicon48
楽しいひと時でしたface02icon65



いろんな懐かしい名前が出ると、ちょっと顔を忘れた人もいてface11
そんな時卒業アルバムを見たりしますicon112

見てるとその当時の様子が浮かんできて、
そういえばこんなことがあったな~icon97
しばし思い出に浸ってしまいますface06



そんな時、思い出す曲icon26
ハイ・ファイ・セットの『卒業写真』(1975年・昭和50年)ですicon114
作詞・作曲は荒井由実(現:松任谷由実)さんで、icon122
詞とメロディはまさにユーミンの世界ですねicon104

ただ歌に関しては
私の中ではハイ・ファイ・セットの方がイメージが強いし好きですね~icon97

山本潤子さんの透明感のある伸びやかな声は、
歌詞の世界をガラス越しに映し出しているようで
せつない気持ちがすごく伝わってきますicon112



ではその曲ですicon64


ちょうど卒業シーズンですicon48
卒業写真は美しく残したいですね~icon102(もう遅いface14!?)
  


Posted by すとん at 22:09音楽(邦楽)

2010年02月21日

試飲して買ってしまった・・・十六茶

週末のスーパーに行くと
新製品や特売品の試食・試飲販売があちこちであってますicon99

昨日もスーパーに寄ったらやってましたface16

「。。。の新商品です。いかがですか~icon64」とお姉さんが声をだしているので、
つい釣られてそちらの方向へ・・・icon24
さりげなく何の商品か確認して・・・icon103
“あ~十六茶ね、そういえば2,3日前CM見たな~face06”と思ってちょっと寄っていくと
「どうぞ~face02」とお茶の入った紙コップを渡されてに、ついすっと手を伸ばしてしまいますicon100

「これカフェインゼロなんですよ。
今なら小さいサイズ2本大きいサイズ1本でこの容器をプレゼントしてます~icon112」と
笑顔でカラフルなゴム製のバケツのような容器を差してますicon112
運転する時にはペットボトルのお茶よく飲むし、お値段もちょっと安いし、
バケツはあってもいいか~。。。よし決めたicon09icon67

「じゃ買います。小さいの2本、いや3本もらいますicon67
と買ってしまいましたface11icon74


こうしてまた無駄なものが増えていきます・・・face13



ところでこの十六茶のCMで使われているのが
松本伊代『センチメンタル・ジャーニー』(1981年)

今日もネットのニュースでも取り上げられてました
毎日新聞ニュースより



最近は80年代のアイドルたちがまた出てきてちょこちょこテレビに出てますねface06
年が近いのでなんとなく気になりますface12
でもやっぱりかわいいと年取ってもかわいいわ~icon119とちょっと羨ましかったりしますface03

ではその曲を・・・


うわ~80年代って感じです(><)!
ちょっと気恥ずかしいのは私だけface11icon66


  


Posted by すとん at 17:49音楽(邦楽)

2010年02月05日

さっぽろ雪まつり~冬の北海道の思い出

昨日は西だったので今日は北の話題を・・・・face02

今日からさっぽろ雪まつりが始まったそうですicon04
毎日新聞ニュースより
毎年たくさんの観光客でにぎわってますね~icon67
ここのところ毎年雪が足りないとか温度が高いとかあったようですが、
今年はなかなかいい状態らしいですね~icon194

いつも映像でしか見ることができませんが、
毎年すごく立派に、とてもきれいに作られている雪像にはほんとに感心しますicon97
死ぬまでに一度でいいから見に行きたいものですface15


冬の北海道は一度だけ行ったことがありますicon04
もうず~~~~~~~っと前ですが1泊2日で(強行軍ですicon10
函館周辺に行きましたicon64

函館と言えば夜景
世界3大夜景の函館山からの夜景はとてもきれいでしたね
ただすごく寒かった((((><))))icon10

そして湯の川温泉に泊まりましたicon112
旅館の名前は覚えてないんですが、
そこの露天風呂から津軽海峡が見えて
思わず『津軽海峡冬景色』を口ずさみましたねicon26icon64

朝は朝市に連れて行ってもらって、確かウニ・カニ・イクラがのった海鮮丼を食べましたicon110
これもすごく美味しかったですねicon105

とにかく時間に追われてバタバタした旅行でしたが、
冬の北海道を経験することができて楽しかったですicon112



ではその時の思い出の曲を・・・icon65
これも1977年(昭和52年)ですからずいぶん前ですねface08

・・・・・でもよく考えたら、これは青森側からの歌ですね~face11
サブちゃんの『函館の女』を思い出せばよかったな~icon10

http://www.youtube.com/watch?v=XQScyOdYa14  


Posted by すとん at 23:37音楽(邦楽)

2010年02月04日

今日は立春、そして西へ

今日は立春でした。
でも朝はチラホラ雪が舞い寒かったですicon04
ただ、だんだん日が長くなっているのは感じますねicon194
あたたかい春はもうすぐですねicon48


そして今日は「西の日」だそうです。

西の日
「に(2)し(4)」の語呂合せ。
この日に西の方へ向かうと、幸運に巡会えるとされている。
(「今日は何の日~毎日が記念日」より)



ここ福岡から西というと佐賀、長崎方面ですが今日行くのは到底無理face14
なのでせめて『西へ行く』歌を探してみましたicon64
そしたらこの曲を見つけましたicon53



鬼束ちひろ『いい日旅立ち・西へ』


『いい日旅立ち』といえば
今何かと話題の山口百恵さんのイメージが強いですが
こちらの『西へ』は2003年に作られた曲で
JR西日本のキャンペーンソングとして使われたそうですicon58
聴いたことあるようなないような・・・・face11

ちょっと音も低くなって、
彼女の歌声がなんともいえない独特の雰囲気をかもし出していますicon99

あ~どこかに行きたいなあ~icon145icon146icon97




  


Posted by すとん at 22:55音楽(邦楽)

2010年01月29日

見逃した~(><)バービーボーイズ

今日たまたまテレビ番組の予告で、Mステーションに
バービーボーイズが出ると言ってたので
ちょっと見てみようかな~face06と思っていたのですが
・・・見逃してしまいましたicon198
ちょうど歌い終わった後だったです・・・face13

このバービーボーイズは1980年代前半の洋楽ブームが終わる頃から
一時期はまっていたバンドですicon57


このバンドの特徴はなんといっても男女のツインボーカルicon26icon26
杏子さんとコンタさんのハスキーな声の激しい掛け合いは
当時すごく新鮮に聴こえましたface05
他のメンバーたちも個性派ぞろいだし・・・face11

韻を踏んでいる日本語と英語の混ぜあわった歌詞もとてもおもしろかったですね~icon65
内容は80年代らしく危険な男女関係face11を歌ったものが多かった気がしますicon111
ちょうどレコードとCDの境目の時期でLPを1枚、CD1枚もってますicon99

そういえば初めて手にしたCDは
このバービーボーイズの『Black List』でしたねicon122


当時の映像もいろいろありました。さすがyoutubeicon112
やっぱりなんといっても杏子さんがかっこいい~icon102
当時から女性に人気がありますよねicon119
この声といい視線といい、ただ歌ってるだけじゃなく
その世界にどっぷりつかっているところがすごいですicon97
久々に聴き入ってしまいました~icon194

  


Posted by すとん at 23:45音楽(邦楽)

2009年12月20日

今年を振り返って①~青山孝史さんのこと

今年もあと10日余りですface01
今年もいろいろありましたicon58

その中でも印象に残ったことといえば、
今年の初めにフォーリーブスicon114の青山孝史さん(旧芸名 孝さん)が亡くなったことですface07
まだ57歳。肝がんとのこと。非常にショックでしたicon11

フォーリーブスicon114は1967年(昭和42年)にデビューして1978年(昭和53年)に解散。
2002年に再結成をして活動を続けていた中での突然の悲報でした。

小さい頃は歌謡曲icon26全盛時代で、フォーリーブスicon114はその当時よく歌番組に出てましたicon65
ジャニーズの初期の、歌って踊るスタイルのグループで、女性にとても人気がありましたicon120
青山さんはター坊と呼ばれていて、さわやかなイメージでしたねicon69
まだまだやりたいことがあったろうと思うと、やり切れませんicon198



青山さんを偲んで、1978年(昭和53年)の映像です。
とてもきれいな歌声ですよねicon97

  続きを読む


Posted by すとん at 23:20音楽(邦楽)